軽減税率 定着めざす ~公明党群馬県本部「新春の集い」に出席

20160206_1.jpg

2月6日(土)私は、群馬県高崎市内で開かれた党群馬県本部(福重隆浩代表=県議)の「新春の集い」に長沢ひろあき参院議員らと共に参加し、あいさつしました。

私は、まもなく発災5年となる東日本大震災について、これまで党のネットワークの力で復興を大きく進めてきたことを紹介。その上で、今なお17万人以上が仮設住宅での暮らしを強いられていると訴え、「風評や風化に負けず、全ての被災者が生活再建と心の復興を果たすまで闘い続ける」と述べました。

一方、国会審議中の2016年度予算案について私は、「地方創生や1億総活躍社会を実現していくために必要な予算」と強調。また、軽減税率については、消費税率10%への引き上げに伴う痛税感と、逆進性の緩和につながるものとし、「事業者の負担を抑えながら、制度が国民に定着し、理解されるよう取り組んでいく」と語りました。

長沢氏は、夏の参院選勝利に向け「日本社会の安定と安心のために一生懸命働く」と力説。福重県代表も「庶民の衆望を担って誕生した原点を忘れずに全力を挙げる」と述べました。



関連記事

  1. 「除染作業の迅速化を」 福島県を視察

  2. 中連部訪日団と会談

  3. TPP全国集会に出席

  4. 気仙沼市・国政報告会に出席

  5. 大規模津波防災訓練に参加

  6. 宮城県多賀城市で元気アップ懇談会