南東北三県合同の夏季議員研修会に参加

 8月1日(日)、山形県天童市で公明党「宮城・山形・福島合同夏季議員研修会」が行われました。これには風間昶参院議員をはじめ、三県の市町村議員等99名が参加。私は政策課題の担当講師を務めると共に、党活動の総括と今後の展望について講演しました。


 冒頭挨拶の中で私は、「党員・支持者の絶大なご支援で、先の参院選では3選挙区完勝と比例区872万票・8議席を獲得し、強い逆風の中で1議席増の結果を納めることができた」と参院選を総括、「各議員がそれぞれの地域で、新たな目標を掲げ前進を開始しよう!」と更なる党勢拡大を呼びかけました。
 研修会は先ず、参院選の結果と分析を踏まえた今後の党活動・地域活動のあり方について研修。この中では「来年の東京都議選の前哨戦になる9月の福島県いわき市議選の全員当選」を当面の課題と定め、①訪問・対話運動 ②地域サポート運動 ③公明新聞の購読拡大 の三項目の党活動を更に拡充していく事を確認し合いました。
政策課題研修では、今後国政及び地方政治で大きな課題となる「地方財政の三位一体改革」「介護保険の見直し」「憲法改正問題」の3点を研鑚しました。


 それぞれの研修では、今後の党活動の推進や政策課題・地域課題などについて、出席した議員間で活発な質疑応答・意見交換が行われ、党勢拡大への新たな出発を期す充実した研修会となりました。(8月1日)



関連記事

  1. 「合併浄化槽の普及を」全浄連会合会合に出席

  2. 盛岡市議選がスタート

  3. 「第4次与党提言の作成に向けて議論」党東日本大震災復興加速化本部

  4. 「希望」広げる闘いに総力 ~党全国県代表協議会に出席

  5. 宮城県気仙沼市で公明党国政報告会

  6. 「北陸新幹線の整備促進」について同盟会から要請