「成人の日」街頭演説会に参加

P1101367a.jpg

1月10日(日)昼、私は仙台市で党宮城県本部青年局(遠藤信幸局長=県議)が開いた街頭演説会に、よこやま信一参議院議員と共に出席し、新成人を心から祝福。若者が安心して人生設計を描けるよう、「社会保障制度の安定と充実に力を入れる」と力説しました。そのために、年金・医療・介護・子育ての4本柱の施策を拡充し、「社会全体で支え合い、本当に必要な人に社会保障が行き届く仕組みづくりを進める」と強調しました。

よこやま氏は「若者を支える政策実現に全力を挙げる」と訴えました。

席上、新成人の代表も抱負を発表。葛西明美さんは「4月から保育の道に進みます。保育者として誇りを持てる仕事をしていきたい」と語り、佐藤智希さんは「震災を経験した青年として、強く優しい生き方をしていく」と力を込めました。



関連記事

  1. 全宅連の総会懇親会に出席

  2. 原発の耐震万全に―福島県知事から要望受ける―

  3. 吉田川床上浸水対策着工式に参加

  4. 冬柴国交相を交え仙台市で各界意見交換会

  5. 東京・杉並区の地区委員会に出席

  6. 「財政・経済一体改革会議」実務者協議会の初会合に出席