築館バイパス一部開通

PC131332a.jpg

12月13日(日)昼、栗原市の国道4号築館バイパスのうち同市志波姫堀口西風前~同志志波姫堀口沖0.7kmと、市道栗原中央線の一部0.6kmが開通し、その開通式に出席しました。

部分開通したバイパスと市道は暫定2車線で、片側に歩道が整備されています。国道4号分岐点から栗原中央病院まで現在の10分から3分に短縮され、また築館地区中心部の渋滞緩和も期待されています。

土井亨国土交通副大臣は開通式で「渋滞緩和のほか救急搬送の定時性確保、安定走行による患者の負担軽減が図られ、安全、安心な暮らしに貢献する」とあいさつ。佐藤勇市長は「地域経済や産業活動、文化の発展に大きな効果をもたらす」と期待しました。



関連記事

  1. 生活衛生中央会から消費税増税に関する要望

  2. 公明党税制調査会・拡大幹事会

  3. 暮らし、福祉、教育を前へ ~新春街頭演説会に参加

  4. 党訪韓団・農業団体会長、政府局長とFTAで意見交換

  5. 公明党購読推進委員会

  6. 日本税理士政治連盟定期大会に出席