与党幹事長が中国入り ~張青島市長と懇談

_1_2015120316442436e.jpg

12月2日(水)私と、自民・谷垣禎一ら与党訪中団は2日午後、全日空機で中国・青島市に到着しました。

与党訪中団には、公明党から上田勇国際委員長、遠山清彦国際局長(ともに衆院議員)が参加しています。

今回の訪中の目的は、北京で3日から4日にかけて行われる「日中与党交流協議会」に出席し、日中両国の交流を深め、関係改善への流れをより確かなものにしていくことです。

同協議会は、両国の歴史や経済、外交など幅広い分野で意見を交わす場として2006年から年1回のペースで4回開かれていましたが、09年からの民主党政権時に中断しました。公明党は、日中関係の改善に向け、同協議会の再開を強く主張。与党幹事長が3月に訪中した際には、中国側と年内に再開することで合意していました。

同協議会への参加に先立ち、私たちは2日夕、青島市で張新起市長と懇談。席上、張市長は、港湾や空港などのインフラ整備が進む同市の現状を紹介した上で、「経済の自由化が新たなチャンスをもたらす」として、日中間でのFTA(自由貿易協定)推進を求めました。

これに対し、谷垣幹事長は、日中間での投資をさらに活発にするため、「FTAの議論が求められている」と指摘。さらに、「日本から中国への観光客が伸び悩んでいる。どう対応するか研究しなくてはならない」との考えを示しました。

私は、インフラ整備が急速に進む同市について、「日本とさらにウイン・ウインの関係を拡大できることを確信した」と強調するとともに、「FTAをしっかり推進していきたい」と力説しました。

また、この日、一行は、青島松下電子部品、青島イオン黄島店を訪れ、中国の地方経済の実情を調査しました。



関連記事

  1. 「福島産米の安全確保へ」 米の全袋検査を視察

  2. 「北海道・東北の活性化を」元気アッププロジェクトが発足

  3. 原発賠償など長期避難者から要望

  4. 党秋田県本部夏季議員研修会に出席

  5. JA全中 奥野新会長と懇談

  6. 仙台市で党東日本大震災復興加速化会議を開催