支え合う社会を未来へ ~母校・東北大学で講演

2015-11-26.jpg

11月26日(木)午後、私は母校である東北大学(仙台市)で「トップリーダー特別講義」の講師として教壇に立ち、「少子高齢化と政治―社会保障改革の取り組みから―」をテーマに講演しました。

特別講義は各界で活躍する著名人を招き、世界が直面する課題についての問題意識や展望する力を学生に養ってもらうものです。これまで、同校出身としてはノーベル化学賞受賞者の田中耕一氏、中鉢良治・産業技術総合研究所理事長、歌手の小田和正さんが登壇しています。

私は、自民・公明・民主の3党合意に基づき、年金、医療、介護という社会保障の三本柱に子育て支援に加え、充実に注力していることを紹介。「安心の支え合いの社会保障制度を守り、未来につなぐ」と力説する一方で、「若い世代の皆さんの理解と参加が不可欠」と”後輩”の学生たちに呼び掛けました。



関連記事

  1. 天皇退位、3月中旬までに意見集約

  2. 高齢社会で司法書士の役割大きい

  3. 「人間の復興」を成し遂げる ~会津若松のセミナーに出席

  4. 政策断行し「希望」届ける ~臨時国会召集 両院議員総を開催

  5. 岩手県で写真展「『人間の復興』へ」がスタート

  6. 復興と地方創生に全力 ~宮城の党員研修会で訴え