「介護離職ゼロ」めざす

_1_2015112710455033d.jpg

11月24日(火)、仙台市で開かれた一般社団法人全国個室ユニット型施設推進協議会の大会に出席し、あいさつしました。会合には若松謙維復興副大臣(公明党)のほか、多数の公明党議員が参加しました。

席上、私は「ユニット型の個室は介護施設としては理想の形だ。これが成功するかどうかが(介護の充実のために)大事な課題だ」と指摘。

さらに、安倍晋三首相が打ち出した「介護離職ゼロ」の方針に触れ、「実現のためには、介護施設などインフラ整備が重要であり、介護施設従事者の離職ゼロが前提となる」と強調し、対策に全力を挙げる考えを示しました。

また、同席した若松副大臣は「医療と介護の連携は大変に難しい課題だ。(同大会で)さまざまな観点から議論し、今後の高齢社会に貢献してほしい」と述べました。



関連記事

  1. 「TPP国民的議論を」JA全中から要請

  2. 関西プレスクラブ主催「幹事長討論会」に出席

  3. 党岩手県本部主催の政経懇話会に出席

  4. 議員率先で機関紙拡大―党機関紙購読推進委員会―

  5. 「働き方改革」を共に ~社労士の交歓会に出席

  6. 「合併浄化槽の普及を」全浄連会合会合に出席