軽減税率、事務負担軽く

_1_20151118133015f02.jpg

10月22日(木)公明党は、衆院第2議員会館で政策要望懇談会を開き、私もこれに出席しました。来年度の予算や税制改正に向けた各種団体からの意見聴取を行いました。

このうち、全国生活衛生同業組合中央会は、交際費課税の撤廃を要望。また、課税売上高1000万円以下の事業者が原則として消費税の納税を免除される「事業者免税点制度」について、対象額を引き上げるよう求めておりました。その上で、事務負担が少ない軽減税率の導入も主張しました。

全国中小企業団体中央会は、中小・小規模事業者の持続的発展に向けた「ものづくり補助金」の継続を主張。また、中小企業に事務負担を強いることのない軽減税率の検討を要請しました。

このほか、全国宅地建物取引業協会連合会、全国不動産政治連盟とも意見交換しました。



関連記事

  1. 新経済対策の周知必要 ―政府・与党連絡会議―

  2. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

  3. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席

  4. 高齢、長寿社会へ活力 ~共同通信社の「きさらぎ会東京7月例会」で講演

  5. 国交相に三陸縦貫道の整備促進を申入れ

  6. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望