党栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部で緊急要望

_1 (1)

9月16日(水)、私が本部長を務める、公明党の「栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部」で、首相官邸で菅義偉官房長官に、関東や東北地方を襲った記録的な豪雨による被害を受け、被災者の生活支援などを求める緊急要望を行いました。

公明党災害対策本部として豪雨被害の発生以降、現地の地方議員と連携しながら被災者や関係自治体の要望などを受け止めてきたことを踏まえ、政府に対してハード、ソフトの両面で適時適切な支援策を講じるよう求めました。

具体的には、各地方自治体における被害状況を把握した上で「(自治体による復旧事業を支援する)『激甚災害』の指定を急ぐべきだ」と訴えたほか、水道などライフラインの復旧を図るよう要望。災害で出た大量のがれき処理に対して支援を行うことも訴えました。

さらに被災地で収穫期を控える水田の冠水被害が相次いだことから、農地などの被害状況を早急に調査した上で、「被災農業者にきめ細かな支援を講じることが必要だ」と主張しました。

菅官房長官は、激甚災害の指定を「早くやりたい」と答える一方、各要望項目について「しっかりやっていく」との認識を示しました。



関連記事

  1. 「被後見人の選挙権回復を」自民・公明両党協議会

  2. 仙台周辺の各種行事に参加

  3. 宮城県登米市で視察と意見交換を実施

  4. 「汚染水」解決へ政府前面に 与党協議会

  5. 北の完全な核放棄めざす ~政府・与党協議会を開催

  6. 命守る防災 強力に推進 ~青森県夏季議員研修会であいさつ