政府・与党協議会に出席

_1_201509271930266f4.jpg

9月15日(火)昼、政府と自民、公明の与党両党で協議会を開き、栃木、茨城、宮城の3県を中心とした記録的な豪雨による被害について、被災地の復旧、被災者の支援に引き続き総力を挙げる方針を確認しました。

席上、私は、大雨による浸水被害が広範囲に及んでいることを指摘し、「特に農業被害が相当出ている。政府には万全の態勢で対応をお願いしたい」と強調。菅義偉官房長官は「地元の要望に応えるよう全力を尽くしていく」と述べました。

また、私は、14日から熊本県・阿蘇山の中岳で噴火が続いていることについて、「人命第一で対応してもらいたい」と要望しました。



関連記事

  1. 平和的解決へ日中連携 ~北朝鮮問題で中国・武大偉特別代表と会談

  2. TPP交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会に出席

  3. 「財政支援の継続必要」宮城県知事から要望

  4. 日本経団連と意見交換

  5. 終戦記念街頭演説会に出席

  6. 「臨時国会の召集早く」表敬の民主新執行部に要請