政府・与党協議会に出席

_1_201509271930266f4.jpg

9月15日(火)昼、政府と自民、公明の与党両党で協議会を開き、栃木、茨城、宮城の3県を中心とした記録的な豪雨による被害について、被災地の復旧、被災者の支援に引き続き総力を挙げる方針を確認しました。

席上、私は、大雨による浸水被害が広範囲に及んでいることを指摘し、「特に農業被害が相当出ている。政府には万全の態勢で対応をお願いしたい」と強調。菅義偉官房長官は「地元の要望に応えるよう全力を尽くしていく」と述べました。

また、私は、14日から熊本県・阿蘇山の中岳で噴火が続いていることについて、「人命第一で対応してもらいたい」と要望しました。



関連記事

  1. 東松島市・大曲で国政報告会を開催、同地の実態調査

  2. 伊藤かずひろ宮城県議の連合後援会決起大会に出席

  3. 仮設住宅 設置急げ ~北海道地震で党対策本部

  4. 各種団体と政策要望懇談

  5. 世田谷区の党地区委員会に出席

  6. 政策綱領「マニフェスト2005」を発表