宮城県多賀城市議選がスタート

201.jpg
8月23日(日)、宮城県県多賀城市議選(定数18)が告示され、30日(日)の投票日に向け、大激戦が展開されております。私も告示第一声と街頭演説会に参加し、公明候補全員当選へ絶大なる支援を呼び掛けました。

多賀城市議選で公明党からは、現職の根本あさえ、同じく現職の阿部まさゆきと新人の斉藤ゆうこの3候補が出馬し、議席死守へ懸命の遊説を開始しました。

私は、震災直後から4年5か月間、復興に向けての活動に奮闘してきた候補の取り組みを紹介した上で、「市・県・国のネットワークで政策を実現する力がある政党は公明党しかない」と訴え、「若い力、女性の視点、行動力や実現力をそれぞれが持つ公明候補を断じて勝たせてほしい」と訴えました。

関連記事

  1. 日本税理士連合会と政策懇話会

  2. 連合から予算・政策について要請受ける

  3. 東日本大震災8年 福島再生の体制確保へ ~被災9市町村を調査

  4. 党に「農作物低温・日照不足被害対策本部」を設置

  5. 「新幹線・長崎ルート促進を」整備促進に関する要望

  6. 党代議士会で与党の国会運営を批判