JA全中 奥野新会長と懇談

_1_201508251218122d7.jpg

8月18日(火)、私は、衆院第2議員会館で、11日に就任した全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長と懇談し、農業振興に向けて緊密な連携を確認しました。公明党の石田祝稔農林水産部会長(衆院議員)、JA全中の比嘉政浩専務理事、大西茂志、金井健両常務理事が同席しました。

席上、私は奥野会長の就任に祝意を表明。参院で審議中の農業改革関連法案について、公明党として、農協が地域活性化へ果たす役割を評価し、JA全中などの自己改革を尊重する内容となるよう尽力してきたことに触れ「今後も率直に話し合い、日本の農業をいい方向にもっていけるようにしたい」と述べました。

奥野会長は同法案をめぐる公明党の取り組みについて、「地域での農協の役割に詳しく言及してくれた」と評価し、農業者支援などへの協力に期待を寄せました。



関連記事

  1. 与党税制協議会で議論

  2. JSDの政策シンポジウムに参加

  3. 経営安定、担い手支援に全力 

  4. 宮城・石巻市議会議員選挙がスタート

  5. 「予算案の早期成立めざす」政府・与党連絡会議

  6. 宮城・名取市議選がスタート