盛岡市議選がスタート

23.jpg
8月16日(日)、岩手県盛岡市議選(定数38)が告示され、23日(日)の投票日に向け、大激戦が展開されております。私も街頭演説に参加し、全員当選へ絶大なる支援を呼び掛けました。

盛岡市議選で1議席増をめざす公明党からは、現職のだて こうこ、同じく現職のいけの なお友と新人の小林 まさのぶの3候補が出馬し、猛暑の中戦っております。

私は、盛岡市議選について「東日本大震災から(9月で)4年半を迎える中、県都の将来像を誰に託すかが問われている」と強調。「雇用や子育ての充実など、市民が安心して暮らし続けられる市政が求められている」と述べました。

その上で、「市・県・国のネットワークで政策を実現する力がある政党は公明党しかない」と訴え、「若い力、女性の視点、行動力や実現力をそれぞれが持つ公明3候補を断じて勝たせてほしい」と訴えました。

関連記事

  1. 通常国会が開幕 公明党両院議員総会に出席

  2. 福島県原子力損害対策協議会から要望

  3. 党次世代育成支援推進本部が初会合

  4. 佐藤福島県知事より原子力災害に関する緊急要望

  5. 北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―

  6. 青森市に障害者専用スペースにハート・プラスマーク(内部障害意思表示章)…