大阪市内で開かれた街頭演説会に出席

幹事長大阪④

3月29日(日)、私は大阪市西淀川区、北区、淀川区の3会場で開かれた街頭演説会に出席し、府議選・市議選予定候補の逆転勝利へ絶大な支援を訴えました。

私は、東日本大震災後、「災害弔慰金」の対象に兄弟姉妹まで含める法改正を公明党が実現したことに触れ、「地方と国が連携し、現場の声に確実に応えられるのは公明党しかいない」と強調。
その上で「予算に反対しながら実績をかたる無責任な政党に地域を任せるわけにはいかない」と述べ、「市民2700人との膝詰め対話から実績を築いてきた、公明候補を市政へ」と呼び掛けました。

また、西淀川区ではささき哲夫(市議選予定候補)、北区では山本とも子(市議選予定候補)、淀川区ではかじき一彦(府議選予定候補)が、それぞれ必勝の決意を表明しました。



関連記事

  1. 「三陸議員サミット」第1回釜石会議を開催

  2. 与党税制協議会が初会合

  3. 各団体の総会懇親会に出席

  4. 公明党福島県本部研修会に出席

  5. 8道県知事から暫定税率の維持の要望受ける

  6. 「被災農地の取得円滑に」仙台市長から要請