自公幹事長で訪中前に首相と会談

_1_201503201712469f2.jpg

3月19日(木)午後、私は自民党の谷垣禎一幹事長とともに、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、週明け23日からの訪中を報告しました。

席上、私は、訪中の目的に触れ、政権交代で途絶えていた自公両党と中国共産党による「日中与党交流協議会」を再開させることを伝えました。

安倍首相は、日中の与党間交流の再開に関して「双方の実務的な関心事をぶつけ合うのは、今の日中関係を考えると非常にいいのではないか」と指摘。さらに、「中国側からも(日本に)来てもらえるといい」と述べ、両国の与党間の関係強化に期待感を示しました。

会談後、私は「(日中間の)パイプを太くすることが最大の目的だ。与党として率直に政府の考え方などを伝える機会になるだろうし、中国側の考え方を聞いて政府に伝える、そういうところに大きな意味がある」と述べました。



関連記事

  1. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

  2. 来月、TPP対策を提言

  3. 公明支援 大きな力に ~沖縄市長が当選御礼

  4. 豪雪被害で関係府省庁に要請

  5. 日中相互の信頼さらに ~日中与党協議会が閉幕

  6. 日本弁護士政治連盟の懇親会に出席