国連防災世界会議パブリックフォーラムに出席

_1_201503161440409dc.jpg

3月15日(日)、仙台市で開かれた「国連防災世界会議パブリックフォーラム」(国連防災世界会議の関連イベント)に出席し、東日本大震災からの復旧・復興で公明党が果たしてきた役割や、今後取り組むべき課題について見解を述べました。

私は、震災の発生直後から公明党の地方議員と国会議員が連携プレーで被災者の要望を形にしてきたと説明。

災害で配偶者、子、父母、孫、祖父母を亡くした人に支給される「災害弔慰金」の対象を、兄弟姉妹まで広げる法改正などを実現したと紹介しました。

また、公明党が岩手、宮城、福島の被災3県で独自に実施した意識調査の結果、「生きがいを感じられていない」と答えた人が約25%いたことや、仮設住宅から復興住宅に移り住んだ人の地域交流の頻度が減少していたことに言及し、「心の復興」を進める上で「コミュニティーをどうつくるかが今後の課題になる」と訴えました。



関連記事

  1. 「食料自給率50%に」農業政策を提言

  2. 通常国会が開幕 公明党両院議員総会に出席

  3. 国民の安全確保に万全 ~北の拉致、核、ミサイル包括的解決へ結束

  4. 日本労働組合総連合会と要望懇談

  5. 「福島復興の展望を」佐藤福島県知事から要望

  6. 議員率先で機関紙拡大―党機関紙購読推進委員会―