国連防災世界会議パブリックフォーラムに出席

_1_201503161440409dc.jpg

3月15日(日)、仙台市で開かれた「国連防災世界会議パブリックフォーラム」(国連防災世界会議の関連イベント)に出席し、東日本大震災からの復旧・復興で公明党が果たしてきた役割や、今後取り組むべき課題について見解を述べました。

私は、震災の発生直後から公明党の地方議員と国会議員が連携プレーで被災者の要望を形にしてきたと説明。

災害で配偶者、子、父母、孫、祖父母を亡くした人に支給される「災害弔慰金」の対象を、兄弟姉妹まで広げる法改正などを実現したと紹介しました。

また、公明党が岩手、宮城、福島の被災3県で独自に実施した意識調査の結果、「生きがいを感じられていない」と答えた人が約25%いたことや、仮設住宅から復興住宅に移り住んだ人の地域交流の頻度が減少していたことに言及し、「心の復興」を進める上で「コミュニティーをどうつくるかが今後の課題になる」と訴えました。



関連記事

  1. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  2. 「復興の最前線で働く」宮城県内各地で公明党支援呼び掛け

  3. 東北女性議員研修会に参加

  4. JF全漁連の大会で挨拶

  5. 公明党宮城県本部大会・青森県本部大会に出席

  6. 区割り法案衆院委で可決 『0増5減「違憲」解消が急務』