JAグループ国産農畜産物商談会を視察

IMG_0314.jpg

3月10日(火)、都内の東京国際フォーラムで開催された「第9回JAグループ国産農畜産物商談会」を視察しました。私とともに党農林水産部会の石田祝稔部会長、稲津久部会長代理(ともに衆院議員)も参加しました。

商談会は、国産農畜産物などの生産者とバイヤーのマッチング(適合)を促し、販路拡大につなげることが狙いです。全国各社の175社・団体が“こだわりの逸品”を出展し、私たちは地元産のコメを発酵させてつくったアイスクリームなど、6次産業化で生産された商品を中心に見て回りました。

視察終了後、私は「農畜産物の付加価値を高め、消費者のニーズをつかむ取り組みを推進していく」を述べました。



関連記事

  1. 「米価下落対策」等についてJA全中から要望

  2. 「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ

  3. 東京都議選 公明23氏全員当選

  4. 政府・与党連絡会議を開催、核実験を非難

  5. 広島土砂災害 危険箇所の備え万全に

  6. 3党幹事長会談 衆院選挙制度改革 3党合意を再確認