記者会見で喫緊課題について見解

_1_20150309100850f0b.jpg

3月6日(金)午前、私は国会内で記者会見し、いよいよ14日に北陸新幹線の長野―金沢間が延伸開業する話題に触れ、新幹線の開業が観光やビジネスに与える経済的効果などを強調し、「地方創生の観点でも非常に大きな意味がある」と説明しました。

私は、地方創生を推進するため2015年度の税制改正で、本社機能を東京から地方に移転した場合に税制上優遇する制度が設けられたことに言及。東京からのアクセスが大幅に改善する富山県内に、すでに大手企業が本社機能を一部移転させている事例など、新幹線開業が地方創生に与える効果を挙げ、政府・与党が開業前倒しで合意した北海道新幹線の札幌延伸などを「地方創生の観点からも着実に進めたい」と述べました。

また、川崎市の中学1年生が殺害された事件について、「なぜ救えなかったのかという痛烈な反省がある。しっかり検証して、このように痛ましい事件が起きないようにするのが政治の責任だ」と強調し、「一人親への支援も含めて、党としても検証し、あらゆる角度から対策を打っていくことが必要だ」と語りました。

一方、国の補助金を受けた企業からの政治献金に関しては「補助金を受けた企業は寄付してはならないという定めがあるのだから、寄付を受けるに当たって、きちんと確認することが、政治家としてまずやるべきことだ」と強調。政治資金規正法の趣旨を徹底した上で、「どうしても法律改正の必要があればやればいい」との認識を示しました。



関連記事

  1. 北陸、九州新幹線の早期開業を求める ~与党PTが会合

  2. 「政治、生活の安定築く」若松かねしげ政経セミナーに出席

  3. 省エネ住宅で需要後押し ~住団連から要望聞く

  4. 山形県本部主催の時局講演会に出席

  5. 日中首脳往来に意欲 ~与党訪中団、出発に向けて

  6. 与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部に出席