衆院で開催の被災地産品の即売会に参加

_1_201503051518422d0.jpg

3月3日(月)午前、公明党が後押しする復興支援フェアが実現したことを受け、私は衆院第2議員会館で実施中の福島県産品コーナーを訪問しました。大口善徳国会対策委員長、赤羽一嘉政務調査会長代理、竹内譲国対筆頭副委員長、真山祐一の各衆院議員、横山信一参院議員が同行しました。

衆院での復興支援フェアは、2日から東日本大震災の被災地に対する風評被害対策として、衆院第1、第2議員会館で、岩手、宮城、福島の被災3県で生産・製造された産品の展示即売会を開催しています。

私たちは、食品から工芸品まで64種に及ぶ福島県で生産・製造された産品を見て回るとともに、福島が誇るコメ「天のつぶ」やイチゴ、あんぽ柿、なみえ焼きそばなどを手に取って、関係者と懇談しました。

終了後、私は「全国の人に被災地の産品を直接触れたり、食べたりしてもらうことが風評被害を防ぐ大きな力になる。国会も、そういう地道な努力をしていきたい」と語りました。



関連記事

  1. 青森「女性フォーラム」に参加

  2. 福島で経済団体と意見交換

  3. 繊維産業発展を支援 日本繊維産業連盟の交歓会に出席

  4. 各種団体から予算・税制ヒアリング

  5. 政府と自民、公明の与党両党の協議会に出席

  6. 「資金業法案で尽力」―日弁連・弁政連と政策懇談―