「常磐道が全線開通」記念式典に出席

_1_20150304104235c49.jpg

3月1日(日)、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で整備が遅れていた、東北南部の沿岸地域と首都圏を結ぶ高速道路「常磐自動車道」が、全線開通しました。最初の整備計画が決まった1970年から45年間を経ての実現となりました。私は富岡町などで同日開かれた全線開通の記念式典や祝賀会に出席しました。安倍晋三首相、太田昭宏国土交通相、高木陽介経済産業副大臣、浜田昌良復興副大臣らも出席しておりました。

最後の未開通区間だった常磐富岡インターチェンジ(IC、福島県富岡町)―浪江IC(同県浪江町)間が開通したことで、宮城県亘理町から埼玉県三郷市の300.4キロが1本の道でつながりました。人の動きや物流の活性化が見込まれるため、被災地では復興加速の“大動脈”としての役割が期待されている。除染で出た汚染土を保管する中間貯蔵施設への運搬路にも活用される見込みです。

式典で太田国交相は、「全線開通によって、企業立地の加速や観光交流の促進、安定的な交通の確保など大きな効果が生まれる」とあいさつ。
また、常磐道のいわき中央IC(福島県いわき市)―仙台東部道路の岩沼IC(宮城県岩沼市)間が暫定2車線であることに触れ、「被災地復興の観点を重視し、4車線化についてしっかりと検討を進める」と強調しました。



関連記事

  1. 平和脅かす挑発 許さず ~党北朝鮮問題対策本部開催

  2. 政府・与党連絡会議を開催

  3. 畜産・酪農の基盤強化を

  4. 「公明が日本を立て直す」青森県3市で街頭演説

  5. 断続的に連立政権協議を行う

  6. 首相に過疎集落支援を要請―党地域活性化本部―