党東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会の合同会議に出席

_1_20150206101748a0f.jpg

2月4日(水)、私が本部長を務める公明党の東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会(部会長=石田祝稔衆院議員)は、衆院第2議員会館で合同会議を開き、福島復興再生特別措置法改正案を了承しました。

改正案は、東京電力福島第1原発の事故に伴う避難住民の早期帰還を促す「復興再生拠点」の整備や、その裏付けとなる交付金の創設を法定化する内容。合同会議では、「住まいの復興給付金」の期限延長などについても説明を受けました。



関連記事

  1. パレスチナ アッバス議長と会談

  2. 8道県知事から暫定税率の維持の要望受ける

  3. 自公が連立政権合意

  4. 政府・与党協議に出席

  5. 5県知事会から要望を受ける

  6. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加