米国務副長官と会談

 10月13日、神崎武法代表、冬柴鉄三幹事長らと共に国会内でアーミテージ米国務副長官と会談しました。


 
公明党は、副長官に米軍再編の今後のスケジュール見通しを尋ねるとともに、在日米軍基地を抱える沖縄などの地元負担の軽減と、憲法や日米安保条約の枠内での再編を求めました。
 
これに対しアーミテージ副長官は、9月の日米首脳会談で米軍再編の加速と日本における抑止力の維持、沖縄などの基地負担軽減で合意したことを指摘し、「われわれ役人はその方向で努力する。(再編の進展に)これまでは時間がかかっていたが、今後はスムーズに進むだろう」と述べました。
 
さらに同副長官は米国政府として、日米安保条約のもと、(1)在日米軍は日本の防衛に努める(2)米軍が日本の基地から海外へ出撃する場合は事前に日本政府と相談する―との従来の方針に変わりがないことを強調しました。(10月13日)



関連記事

  1. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

  2. 力合わせ無年金救済、働き方改革 ~社労士団体の懇親会に出席

  3. 衆院選挙制度改革法案 全野党の反対押し切り強行採決

  4. 党再建へ新体制が発足

  5. 自転車活用議連「青空集会」・「走行会」に参加

  6. 三陸縦貫道の測量中心杭設置式に出席