「国産材の活用を推進」党林業振興議員懇話会に出席

_1_20150204152128839.jpg

2月3日(火)、私が顧問を務める公明党の林業振興議員懇話会(石田祝稔会長=衆院議員)は、衆院第2議員会館で初会合を開き、福島県の林業関係者らと国産材の活用などで意見を交わしました。

私は、日本には国内需要を十分満たす森林資源が眠っているとし、「しっかり国産材の活用に取り組む」と決意を述べました。会合では、福島県内の森林除染や皆伐・再造林への支援などで要望が出されました。

なお、同懇話会設置後、新たに顧問として、斉藤鉄夫、大口善徳の両衆院議員、事務局次長として高木美智代衆院議員と谷合正明参院議員、幹事として輿水恵一、角田秀穂の両衆院議員と平木大作、矢倉克夫の両参院議員が加わりました。



関連記事

  1. 徹底した防疫態勢を ~鳥インフル対応、政府に要請

  2. 「子育て世帯を支援へ」経済対策が閣議決定

  3. 高層住宅管理業協会の新年賀詞交歓会に出席

  4. 被災地の復興支えよ ~国交相に申し入れ

  5. 「社会保障の全体像明示を」3党幹事長会談

  6. 原発賠償など長期避難者から要望