党富山県本部「躍進の集い」に出席

1月31日(土)、富山市内で開かれた党富山県本部(吉田つとむ代表=県議、県議選予定候補)主催の「躍進の集い」に出席し、あいさつしました。これには、漆原良夫党中央幹事会長、同県本部顧問の魚住裕一郎参院会長、荒木清寛参院議員らが出席。また、政財界の多数の来賓が参加しました。

私は、自公政権が最優先課題と位置付ける日本経済の再生や地方創生に向け「今年が正念場であり、結果を出したい」と強調。2014年度補正予算案に盛り込まれたプレミアム付き商品券の発行や灯油購入費の補助などを通じ「生活者を支援し、消費喚起につなげる」と約束しました。
また、私は、公明党が地方議会を基盤に結党された唯一の政党であることを紹介し、「国と地方の議員ネットワークが公明党の力の源泉だ」と主張し、その上で、統一地方選の勝利をめざして「地域に根を張り、生活者や弱い立場の人の声を政策に反映させる、公明党ならではの役割を連立与党の中で果たしていく」と訴えました。
吉田県代表は「北陸新幹線の開業を地方創生につなげる」と抱負を述べました。



関連記事

  1. 漁業、林業の政策提言を発表

  2. 名古屋市でのミッドランド毎日フォーラムで講演

  3. 全国県代表協議会で総決起

  4. 三陸縦貫道・唐桑道路の開通式に出席

  5. 福島復興で緊急要望

  6. 宮城県「平成27年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…