与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部に出席

_1_20150130133107f32.jpg

1月29日(木)午後、自民、公明の与党両党で「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合を開き、過激組織「イスラム国」により拘束された後藤健二さんとみられる男性の新たな音声メッセージが同日に公開されたことを受け、関係閣僚会議を開催した政府側から対応について説明を聞きました。

席上、与党側は、引き続き政府の対応を全面的にバックアップすることを確認。ヨルダンに収監中の女死刑囚の釈放を求める新たな音声メッセージで交渉期限を現地時間の日没(日本時間29日深夜)としてきたことには、「卑劣で非難する。緊張感を持って臨もう」との認識を共有しました。

終了後、私は記者団に対し、「卑劣な行為であり、言語道断。許し難い行為であり、政府は邦人救出に向けて引き続き努力をしてもらいたい」と述べました。

政府は29日、ヨルダン政府と犯行組織との人質解放交渉の行方を注視しつつ、拘束されている後藤さんの安否確認に全力を挙げました。交渉期限の現地時間の日没が迫る中、後藤さん救出へ情報収集と分析を続けました。

菅義偉官房長官と岸田文雄外相は、衆院予算委員会を冒頭から退席、それぞれ首相官邸と外務省で情報収集に当たりました。菅長官は午後4時すぎの会見で人質交渉に関し、「日本とヨルダン政府は緊密な連携、連絡を取りながら取り組んでいる」と説明しました。

イスラム国は、後藤さん解放の条件としてヨルダン収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を要求。ヨルダン側は、イスラム国が人質とする空軍パイロットの解放を最優先に求めています。日本はヨルダン政府に、後藤さんの解放につながるよう協力要請を続けております。



関連記事

  1. 「復興事業の支援継続」 被災県知事から要望

  2. 皇位継承の安定性など議論 ~「退位」で各党全体会議

  3. 熊本地震「党県本部復興会議」に出席

  4. 省エネ住宅 普及後押し ~住団連と懇談

  5. 都市農業振興で東村山市を視察

  6. 記者会見で喫緊課題について見解