与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部に出席

_1_20150129162808b37.jpg

1月28日(水)午前、自民、公明の与党両党で「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合を開き、拘束された後藤健二さんとみられる男性の新たな画像が公開されたことを受けて、政府側から説明を受けました。

その上で、与党側は「卑劣な行為で許せない」と非難するとともに、政府に対して邦人解放に向け、「あらゆるルートを通じて、ヨルダン政府と協議し、ベストを尽くしてもらいたい」と要請。引き続き、結束して政府の対応を支えていくことも確認しました。



関連記事

  1. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  2. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  3. 党青森県本部夏季議員研修会に出席

  4. 毎週の街頭演説14年間

  5. 産業集積国がリードを ~官房長官へ要望

  6. 「TPP交渉 農業は最も重要な国益」 農政連の会合に出席