与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部の会合に出席

1月21日(水)夜自民、公明の与党両党で、シリア、イラクで活動する過激組織「イスラム国」を名乗るグループが日本人2人の殺害を警告する声明を公表したことを受け、自民党本部で「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の初会合を開き、政府側から事件の状況について説明を受けました。

席上、私は「テロはいかなる理由があっても許されないというのが私どもの断固たる立場だ。そういう意味で、国際社会が努力しているテロとの戦いに、わが国が貢献するという政府の立場を支持したい」と表明。政府に対し「人質の解放に向けて、最大限の努力を」と要請し、「与党としてもしっかりと政府の対応をバックアップしたい」と述べました。



関連記事

  1. 金融危機に対応する新たな経済対策を検討

  2. “勝ち抜ける力”磨こう ~党京都府本部の夏季議員研修会に参加

  3. 大雪被害 対応きめ細かく ~公明党災害対策本部に出席

  4. 国交相に三陸縦貫道の整備促進を申入れ

  5. 雪にも負けず機関紙拡大 ~山形・金山町で奮闘した党員と懇談

  6. 漆原国会対策委員長の「激励の会」に出席