整備新幹線検討委員会の会合に出席

_1_20150115132616652.jpg

1月14日(水)、政府と自民、公明の与党両党で首相官邸で整備新幹線検討委員会を開き、整備新幹線の延伸区間のうち、北海道の新函館北斗―札幌間の開業を2035年度から30年度に、北陸の金沢―敦賀間を25年度から22年度に、それぞれ前倒しすると決定しました。九州の武雄温泉―長崎間の開業についても、22年度から可能な限り前倒します。会合には、公明党から私と石井啓一政務調査会長が出席し、太田昭宏国土交通相らも出席しました。

与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)が昨年7月に行った要請を政府が全面的に受け入れた形となりました。課題だった財源は、15年度予算案で国費35億円を上積みしました。北陸新幹線の金沢―福井間のさらなる開業前倒しに関しては、与党プロジェクトチームで議論を重ね、今夏をめどに結論を出す方針。

会合終了後、記者団に対して太田国交相は、「新幹線は、観光に大きな効果を及ぼし、企業立地にも大変に効果がある。地域活性化の大きな力になると期待している」と述べた上で、「(開業の)目標年次を明確に示したので、それができるよう最大限努力したい」と強調しました。



関連記事

  1. 安全で快適なバス事業の発展に期待 ~日本バス協会の懇親会に参加

  2. 公明こそ政治安定の要 ~党富山県本部の時局講演会に参加

  3. 大雪被害 今後も予断許さぬ ~菅官房長官に要請

  4. 党代議士会に出席

  5. 政策断行し「希望」届ける ~臨時国会召集 両院議員総を開催

  6. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談