全国住宅産業協会の新年賀会に出席

_1_20150114151430c3c.jpg

1月13日(火)、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に太田昭宏国土交通相とともに出席しました。

太田国交相は、2014年度補正予算案に住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げや「住宅エコポイント」を盛り込んだことなどに触れ、「(景気に)波及効果の大きい、住宅産業が活性化してこそアベノミクスが成功する」と訴え、住宅支援の重要性を語りました。



関連記事

  1. 「震災の教訓海外に発信」第3回国連防災世界会議が仙台市で開幕

  2. 国連決議への挑戦 ~公明党北朝鮮問題対策本部緊急会合

  3. 経済協力 着実に推進 ~中国・福建省 代表団の表敬受ける

  4. 公明が東北創生リード ~岩手県政経懇話会

  5. 生活実感に沿う軽減税率 ~山形のセミナーで訴え

  6. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請