全国住宅産業協会の新年賀会に出席

_1_20150114151430c3c.jpg

1月13日(火)、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に太田昭宏国土交通相とともに出席しました。

太田国交相は、2014年度補正予算案に住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げや「住宅エコポイント」を盛り込んだことなどに触れ、「(景気に)波及効果の大きい、住宅産業が活性化してこそアベノミクスが成功する」と訴え、住宅支援の重要性を語りました。



関連記事

  1. 衆議院総選挙、公明党健闘

  2. 災害時多目的船建造推進・超党派議連が政府に要請

  3. 未来志向の日韓関係へ ~韓日議員連盟から表敬受ける

  4. 「本格復興の「補正」早く」 与野党幹事長会談

  5. 鶴岡市での総支部大会に出席

  6. 防災・減災 ニューディール基本法策定へ議論