全国住宅産業協会の新年賀会に出席

_1_20150114151430c3c.jpg

1月13日(火)、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に太田昭宏国土交通相とともに出席しました。

太田国交相は、2014年度補正予算案に住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げや「住宅エコポイント」を盛り込んだことなどに触れ、「(景気に)波及効果の大きい、住宅産業が活性化してこそアベノミクスが成功する」と訴え、住宅支援の重要性を語りました。



関連記事

  1. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  2. 地域発展に不可欠―整備新幹線について要請受ける―

  3. 「予算案の早期成立めざす」政府・与党連絡会議

  4. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  5. 歳費日割り法案成立を

  6. TPP交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会に出席