宮城県・岩手県の新春街頭演説会に参加

IMG_9983.jpg

1月2日(木)、私は仙台市、盛岡市で行われた党県本部の新春街頭演説会に相次いで参加し、東北のさらなる復興加速への決意と2015年も国民のための政治に邁進していく決意を語りました。

街頭演説で私は、昨年末、衆院選比例東北ブロックで初めて2議席を獲得したことに触れ、「復興加速への期待が込められていると考えます。『風化』と『風評』の二つの“風”に敢然と立ち向かい、何としてもその期待に応えていきます」とし、復興加速への決意を述べました。
また、「公明党の歴史は、地方議会から始まっており、党のネットワークを通じて、地域の声、生活者の声を政治に反映させてきました。公明党が地方議会に議員を輩出していくことは、党のネットワークを強化し、揺るぎない基盤を築いていくことにつながり、党にとっては最重要の戦いであり、全員当選へ総力を挙げて取り組んでいきます」と、今年行われる統一地方選と東日本大震災の影響で統一外となった東北の地域(福島・宮城・岩手)の地方選勝利への決意を語りました。



関連記事

  1. 釜石市住民代表から三陸道に関する要望

  2. イラク復興支援担任終了に伴う「感謝の集い」に出席

  3. 経済3団体、日弁連、石油連盟の新年会に出席

  4. 高橋北海道知事らから災害時多目的船に関する要望

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 「小康社会」実現めざす ~中国共産党中央党校副校長と意見交換