党活気ある温かな地域づくり推進本部の会合に出席

_1 (2)

12月24日(水)、私は、公明党の活気ある温かな地域づくり推進本部(桝屋敬悟本部長=衆院議員)の会合に出席し、政府が年内の閣議決定を予定する地方創生の「長期ビジョン」と「総合戦略」の両案について、石破茂地方創生担当相らから説明を受け、議論しました。

長期ビジョンは、2060年に1億人程度の人口を維持するため、人口減少対策などの方針を定めたもの。また、総合戦略では、15~19年度における雇用創出や子育て支援などの目標と施策が示されております。

このうち、子育て支援で石破担当相は、「個人の結婚・出産への介入となる」として、出生率の目標値は掲げないと説明。その上で「国民の間には、1.8人くらい子どもが欲しいという『国民希望出生率』がある」と指摘し、結婚・出産に関する希望の実現に取り組む考えを示しました。

私は「地方創生は『人』が中心でなければならない。そこに住んでいる人が、結婚や子育て、仕事などで人生設計を描き、自己実現できる仕組みが必要だ」と強調し、さらに議論を進めていくと述べました。



関連記事

  1. 農業政策の新ビジョンを発表 -東北元気アッププロジェクト-

  2. 衆院解散の演説(要旨)

  3. 党宮城県本部主催の新春政経セミナーに出席

  4. 公明党岩手県本部の時局講演会に出席

  5. 党の農業政策提言を官房長官・農水大臣に申し入れ

  6. 関西プレスクラブ主催政治討論会に出席