安倍首相が公明党を表敬訪問

_1 (1)

12月24日(水)、衆参両院本会議で首相に指名された安倍晋三氏(自民党総裁)は同日午後、衆参両院の公明党控室をそれぞれ訪れ、就任のあいさつを述べました。

私は衆院控室で、祝意を表しました。安倍首相は「皆さんも(衆院選での)躍進おめでとうございました」と述べました。漆原良夫中央幹事会会長、大口善徳国会対策委員長らが同席しました。

一方、参院では、山口代表が祝辞を述べた後、参院の選挙制度改革に取り組む必要性に言及。安倍首相は「幹事長らとよく相談していきたい」と応じました。魚住裕一郎参院会長、長沢広明参院国対委員長、荒木清寛参院政策審議会長が同席しました。



関連記事

  1. 山形県鶴岡市議選がスタート

  2. 「福島の再生、必ず実現」党福島県本部主催の政経セミナーに参加

  3. 党機関紙推進委員会に出席

  4. 「災害対応で連携強化」防災・減災フォーラムに出席

  5. 福島県原子力損害対策協議会から要望

  6. 記者会見で喫緊課題について見解