仙台市内で政談演説会を開催

_1_20141213102257bbd.jpg

12月9日(火)、仙台市で行われた演説会に出席し、「東北の悲願である2議席を獲得する好機到来だ! どうか、公明党を勝たせていただきたい」と絶大な支援を呼び掛けました。

この中で山口代表は、「被災地の復興は未来への希望だ」とした上で、「震災復興は東北だけのテーマではない。全国の支援で東北の復興を何としても成し遂げていきたい」と訴えました。

また、私は「東北の復興、発展はいまだ道半ば。公明党が2議席を取り、2倍の力で推進したい」と決意を述べました。真山候補は「若い力で東北の未来を開いていく」として、悲願達成へ執念の拡大に最後まで死力を尽くすと力説しました。



関連記事

  1. 復興へ“二つの風”と闘う ~福島・いわき市のセミナーで強調

  2. ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

  3. 軽減税率、事務負担軽く

  4. 公明新聞 政治改革の原動力 ~党秋田県本部主催の政経懇話会に出席

  5. 自公党首会談に出席 ~安倍再改造内閣が発足に先立ち

  6. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席