宮城県内で街頭演説会を開催

FullSizeRender_20141201145730cc5.jpg

11月30日(日)、私は宮城県内(仙台市、大崎市、塩竈市等)で開かれた公明党の街頭演説会に出席し、日本経済の再生や東北の復興について、今までの取り組みや決意を訴えました。

街頭演説で私は、公明党が『軽減税率』導入を一貫して提唱してきた唯一の政党だと強調し、「庶民の暮らしを守るために、消費税10%の引き上げと同時の導入を必ず実現させたい」と訴えました。

また、結党50周年を迎えた公明党の今までの取り組みを紹介し、公明党の支持拡大を訴えました。



関連記事

  1. 8道県知事から暫定税率の維持の要望受ける

  2. 衆望に応える現場力 ~党宮城県夏季研修会であいさつ

  3. 「復興予算 使い道を適正化せよ」党対策本部が政府に緊急提言

  4. 臨時国会閉幕。両院議員総会を開催

  5. 須賀川市議選・郡山市議選がスタート

  6. 青森県議選、青森市議選がスタート