党三陸沿岸復興会議 に出席

_1 (1)

11月15日(土)、岩手県大船渡市で開かれた党三陸沿岸復興会議に出席しました。同会議は、県を越えた“横のネットワーク”による復興加速を目的としたもの。岩手、宮城、秋田の3県本部の議員代表と横山信一参院議員が参加しました。

会議では、岩手県の議員が課題や要望事項を報告。山崎長栄・釜石市議は「市外から親族を見舞いに来た人の宿泊場所として仮設住宅の空き部屋の活用を」と提案。「結露で寝具にカビが生え、健康被害が多発している」と訴えた。森操・大船渡市議は「震災で三陸産海産物の販路が他地域に奪われ、水産関係者は減収に苦しんでいる」と述べたほか、「仮設住宅を集約する際は転居費用に補助を」との声が上がりました。

一方、宮城県の議員からは「資材高騰で一戸建て災害公営住宅の払い下げが当初より高額になり、補助が必要」(村上進・気仙沼市議)、「津波被災地域への企業誘致が進まない」(佐藤筐子・東松島市議)などの意見が相次ぎました。

秋田県の成沢淳子・秋田市議は、「被災地のニーズを直接、知ることができ有意義だった。今後も現地で何が必要か、情報を提供してほしい」と述べました。

私は「公明党のネットワークの力を生かし被災地の課題解決へ全力を挙げる」と語りました。



関連記事

  1. 東松島市・大曲で国政報告会を開催、同地の実態調査

  2. 沖縄振興策について要望

  3. 全国浄化槽団体連合会の懇親会に出席

  4. がん検診の党実態調査を会見発表

  5. 通常国会開幕、両院議員総会を開催

  6. 石巻市議選がスタート