党岩手県本部大会に出席

__ 3

10月5日(日)、私は盛岡市で開催された党岩手県本部大会に出席し、あいさつしました。

公明党が結党以来貫いてきた中道主義について、「生命・生活・生存を最大限に尊重する人間主義である」ことを確認。
その上で、中道主義が果たしてきた①政治の安定②合意形成③時代の変化に応じた新しい政策の提言――の三つの役割を強調しました。そして、「次の50年への揺るぎない基盤を築く闘いを起こそう」と呼び掛けました。

小野寺好県代表は、東日本大震災の影響で来年は統一外の地方選挙が続くことに触れ、「一つも取りこぼすことなく勝利をめざす」と決意を述べました。
大会には、達増拓也県知事、谷藤裕明盛岡市長らが来賓として出席し、公明党の日々の活動に感謝を述べました。



関連記事

  1. 「食料自給率50%に」農業政策を提言

  2. 「復興へ支援さらに」北海道・東北・北陸3経済連合会から要望

  3. 力合わせ無年金救済、働き方改革 ~社労士団体の懇親会に出席

  4. 築館バイパス一部開通

  5. 「国会改革、協議入り合意」与野党幹事長・国対委員長会談

  6. 政府、「退位」論点を説明