「救出作業一刻も早く」党御嶽山噴火災害対策本部

_1_20141001092027f79.jpg

9月29日(月)、長野、岐阜両県にまたがる御嶽山の噴火を受け、私が本部長を務める公明党の「御嶽山噴火災害対策本部」は、衆院第2議員会館で会合を開き、被害状況などについて政府と意見交換しました。

私は「一刻も早く救出作業が進むようにお願いしたい」とあいさつ。また、「今後も同様の被害が考えられるので、噴火に備えて万全の態勢をしっかり取らなければならない。(御嶽山が噴火)警戒レベル1で、多くの人が登山中であったことは重く受け止めるべきだ」と強調しました。

政府は、噴火による被害や救出活動の状況を報告。御嶽山が「近年、噴火活動を繰り返している火山」として、気象庁が監視を続けていたにもかかわらず、今回の噴火を予測できなかった点については「現在の科学では予測が難しかった」との認識を示しました。

御嶽山の東側に位置する長野県木曽町を調査した平木大作・党対策本部事務局次長(参院議員)は、「地元が苦心しているのは(登山者の身元や人数といった)情報の整理だ」として支援を要請。また、噴火の降灰によって農業被害の深刻化が予想されるとして、対策の必要性を指摘しました。



関連記事

  1. 創造的復興へ観光振興 ~新しい東北観光シンポジウムで挨拶

  2. 「市民防災意識アンケート調査」に参加

  3. 沖縄振興策について要望

  4. 「年金含む全体像示せ」 国会で政府を追及

  5. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部

  6. 「震災の教訓海外に発信」第3回国連防災世界会議が仙台市で開幕