第4次イラク派遣部隊「隊旗授与式」に出席

 11月13日(土)、陸上自衛隊の第4次イラク派遣部隊の隊旗授与式が山形県東根市の神町駐屯地で行われました。隊旗授与式には陸自第6師団長及び家族ら約1800人が参加、崇高な任務に赴く隊員を見送りました。


 部隊は第6師団を中心に約500人で編成され、第1陣の約200人が同日夜に宮城県の仙台空港からイラクへ向け出発しました。ほかの隊員も月内に出国する予定で、12月14日の派遣期限が延長されれば、来年2月まで南部サマワで医療、給水、学校など公共施設の復旧・整備といった人道復興支援に従事する事になります。



 派遣延長については、直前の治安状況を十分に見極めて決定すべきだと考えています。
隊旗授与式の状況は、11月15日に行われた政府与党連絡会議の席上で小泉総理に直接伝えました。



関連記事

  1. 党訪韓団・農業団体会長、政府局長とFTAで意見交換

  2. 党宮城県本部の賀詞交歓会で挨拶

  3. 党宮城県本部主催の女性時局講演会に出席

  4. 日本が誇る食文化の発信に期待 ~フードサービス協会新年会であいさつ

  5. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  6. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加