「第4次与党提言の作成に向けて議論」党東日本大震災復興加速化本部

4.jpg

7月17日(木)、私が本部長を務める公明党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で震災復興に関する第4次与党提言の作成に向けて議論しました。石井啓一政務調査会長のほか、政府側から浜田昌良復興副大臣、赤羽一嘉経済産業副大臣(ともに公明党)らが出席しました。

冒頭、私は「昨年11月に与党として第3次提言を政府に提出したが、あらためて被災地のニーズを踏まえた提言をしたい。現場の要望や、現状を打開する策について意見を集約していく」と述べ、被災者に寄り添った提言の作成に強い意欲を示しました。

会合では、政府から復興の取り組み状況を聴取した後、(1)除染・中間貯蔵施設整備の促進(2)早期帰還の支援(3)長期避難者への支援(4)風評被害対策(5)住宅の再建―などを柱にした与党提言の骨子案を基に議論。「福島県の浜通り地域に新産業拠点をつくる『福島・国際研究産業都市構想』の実現を盛り込むべき」「復興が進む中で実態と合わなくなった支援策の見直しが必要」などの意見が出ました。

与党は今後、提言を取りまとめた上で、8月上旬をめどに安倍晋三首相へ申し入れをする予定です。



関連記事

  1. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  2. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  3. 川崎市の党支部会に出席

  4. 「小名浜魚市場」を視察・懇談

  5. 「出前政調」スタート ~東北方面出前政調に出席

  6. 脳外傷・高次脳機能障害団体と共に大臣要請