捕鯨関係団体から調査捕鯨に関する要望

2014_0611_2.jpg

調査捕鯨の継続的な実施求める

6月11日(水)、公明党の捕鯨を守る議員懇話会(江田康幸会長=衆院議員)は、衆院第2議員会館で日本捕鯨協会(山村和夫会長)など捕鯨関係団体から、調査捕鯨に関する要望を受けました。

冒頭、私は先に捕鯨基地の一つ、宮城県石巻市の鮎川港を視察したことを報告。国際司法裁判所(ICJ)による南極海での調査捕鯨の中止判決を受け、北西太平洋での調査捕鯨が危ぶまれていたが継続できたとし、順調に調査が進んでいると指摘しました。

この後、山村会長らは、来年度以降の調査捕鯨の継続的な実施に向け、国が体制を構築することなどを求めました。



関連記事

  1. 党代議士会で与党の国会運営を批判

  2. 与党幹事長が中国入り ~張青島市長と懇談

  3. 北の脅威 結束し対応 ~政府与党連絡会議に出席

  4. 旧北上川分流施設竣工式に出席

  5. 北ミサイル 断じて容認せず ~公明党栃木県本部の懇話会で訴え

  6. 衆望に応える現場力 ~党宮城県夏季研修会であいさつ