「雄勝の伝統産業守る」硯工房が待望の落成式 宮城・石巻市

P6010923.jpg

6月1日(日)、宮城県石巻市雄勝町の雄勝硯生産販売協同組合の仮設工房落成記念式典に出席し、挨拶をしました。これには、庄子賢一県議、伊藤啓二、渡辺拓朗、桜田誠子の石巻市議団が同席しました。

私は「仮設工房の完成を契機に硯やスレート(屋根材)が広く日常に使われるようになり、伝統の輝きが増すことを願っている」と述べた上で、「被災地の伝統産業を将来にわたって若い世代にバトンタッチできるよう、今後も支援を続けていく」と力を込めた。

雄勝町は、東京駅丸の内駅舎のドーム屋根を飾るスレートや国の伝統工芸品「雄勝硯」の材料である天然石材「雄勝石」の産地です。東日本大震災の津波で関連施設が全て流され、途方に暮れる硯職人たちの声を受けて、地元公明議員との連携により、工房の再建が実現しました。

同協同組合の沢村文雄理事長は「公明党には震災前から東京駅の復元に雄勝石スレートの活用で応援してもらった上、震災後もさらに支援をいただいて感謝している。全国からの支援に応えるためにも復興へ頑張っていく」と語っていました。

この後、同市侍浜を訪れ、カキ生産者の皆様から風評被害についての要望、かさ上げ堤防の改善についての要望を受け、視察・意見交換をしました。


平成24年3月31日 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換



関連記事

  1. 来年度予算政府案について内閣官房から説明受ける―党地域活性化推進本部―…

  2. 新唐桑トンネルの貫通式に出席

  3. イラク復興支援担任終了に伴う「感謝の集い」に出席

  4. 「ゆりあげ港朝市」初市式典に出席

  5. 岩手・宮城内陸地震対策で総理に緊急申し入れ

  6. 公明、創価学会が連絡協議会