「ミッドランド毎日フォーラム」で講演

_1 (1)

5月20日(火)午後、名古屋市内で開かれた「ミッドランド毎日フォーラム」(毎日新聞主催)で講演し、子育て支援や認知症対策なども含めた社会保障政策を拡充させ、将来の安心を確保していくことが「今の政権にとって最大の課題ではないか」と説明しました。

この中で私は、「人口減少社会にどう対応するかという視点が重要だ」として、都市部への人口流出が進み、地方都市で若い女性が大幅に減少すると指摘されていることに対し、適切な対策の必要性を強調。地方の都市拠点の機能を維持するとともに、「女性が子どもを産み育てやすい環境をつくらないといけない」と考えを示しました。

さらに、厚生労働省の推計で、認知症高齢者が2025年に470万人に上るとされていることに言及。地域包括ケアを構築するための医療・介護総合確保推進法案には、認知症対策も盛り込まれていることから、「これらを確実につくり上げることが安心社会につながる。その中で公明党がしっかり役割を果たそうと取り組んでいる」と語りました。

質疑応答では、日中関係について、日中友好議員連盟の訪中や閣僚同士の会談が行われたことに触れ、「一歩一歩、正常化に向けて進んできているのではないか。この流れを少しでも強化して、(今秋の)APEC(アジア太平洋経済協力会議)の時には首脳会談が実現できるように最大限の努力をしたい」と述べました。



関連記事

  1. 防災拠点の耐震化急げ ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 農業政策で意見交換(ジェームス・R・シンプソン氏)

  3. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  4. 国民の安全確保に万全 ~北の拉致、核、ミサイル包括的解決へ結束

  5. 党税制調査会の会合に出席

  6. 「臨時国会の召集早く」表敬の民主新執行部に要請