「経済再生に総力を」政府・与党協議会

2014_0519.jpg

社会保障、地域活性化も
政府・与党協

5月19日(月)昼、政府と自民、公明の与党両党は国会内で協議会を開きました。

席上、私は「(今国会は)『好循環実現』の国会として出発した。国民の期待は経済(再生)にあるので、しっかり取り組んでいきたい」と強調。「骨太の方針」の策定や、社会保障の拡充、地方の活性化対策について、政府・与党で取り組むべきだと指摘しました。

集団的自衛権をめぐる憲法解釈など安全保障に関する与党協議については、「国民的コンセンサス(合意)を得るように頑張っていきたい」と述べました。

一方、衆院選挙制度改革に関して自公両党は、衆院議院運営委員会の下に第三者機関の設置をめざし、20日に与野党の国会対策委員長会談を開いて協議する方針を確認しました。



関連記事

  1. 地域の課題解決に全力 ~青森の政策懇談会に出席

  2. 北ミサイル 断じて容認せず ~公明党栃木県本部の懇話会で訴え

  3. 与党第5次提言を申し入れ

  4. 「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合

  5. 雪にも負けず機関紙拡大 ~山形・金山町で奮闘した党員と懇談

  6. 中国首相と会談