TPP交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会に出席

_1_20140515134124fde.jpg
5月14日(水)、都内で開かれた「TPP(環太平洋連携協定)交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会」(全国農業協同組合中央会など主催)に出席し、あいさつしました。

私は、TPP交渉に際し、「(コメなど重要5項目の関税撤廃対象の除外などを求める)国会決議を順守し、日本の農業を守らなければならない」と強調。政府・与党が結束して取り組む考えを示しました。
またTPP交渉をめぐる政府の情報開示について、秘密保持の取り決めがある中でも「現場の農家に混乱が起きないよう(できる限り)示すことが大事だ」と指摘しました。



関連記事

  1. 鶴岡市で地域懇談会と「まちづくりセミナー」

  2. 食料安全保障対策プロジェクトチームと農林水産部会が合同会議

  3. 「衆院選改革 第三者機関の設置」各党に幹事長会談呼び掛け

  4. 花渕山バイパス開通式典に出席

  5. 2011年度第1次補正予算案、衆院通過で見解

  6. 全漁連・全日本不動産協会・全振連と要請懇談