岩手・宮城両県本部主催の憲法記念日街頭演説に出席

0503inoue_01_2.jpg

5月1日(木)、盛岡市内で開かれた党岩手県本部の憲法記念日街頭演説会に出席し、また翌日の2日(金)に仙台市内で開かれた党宮城県本部の街頭演説会に出席しました。

私は、憲法の「幸福追求権」(13条)と「生存権」(25条)に触れ、「この権利を守り抜くためにも、防災・減災を政治の主要課題にしていかなければならない」と説明。さらに、「公明党は東日本大震災の被災者に寄り添いながら、『人間の復興』へ全力を尽くす」と強調しました。
一方、「恒久平和主義の根拠となる憲法9条の1項、2項を堅持する」と述べた上で、集団的自衛権の問題については「慎重かつ真摯に議論し、国民的なコンセンサスを得ていくことが重要だ」と指摘しました。



関連記事

  1. 冬柴国交相を交え仙台市で各界意見交換会

  2. 「雄勝の伝統産業守る」硯工房が待望の落成式 宮城・石巻市

  3. 地元・仙台で新年事務所開き

  4. 宮城県大崎市で農業意見交換会

  5. 北陸、九州新幹線の早期開業を求める ~与党PTが会合

  6. 「働き方改革」を共に ~社労士の交歓会に出席