岩手・宮城両県本部主催の憲法記念日街頭演説に出席

0503inoue_01_2.jpg

5月1日(木)、盛岡市内で開かれた党岩手県本部の憲法記念日街頭演説会に出席し、また翌日の2日(金)に仙台市内で開かれた党宮城県本部の街頭演説会に出席しました。

私は、憲法の「幸福追求権」(13条)と「生存権」(25条)に触れ、「この権利を守り抜くためにも、防災・減災を政治の主要課題にしていかなければならない」と説明。さらに、「公明党は東日本大震災の被災者に寄り添いながら、『人間の復興』へ全力を尽くす」と強調しました。
一方、「恒久平和主義の根拠となる憲法9条の1項、2項を堅持する」と述べた上で、集団的自衛権の問題については「慎重かつ真摯に議論し、国民的なコンセンサスを得ていくことが重要だ」と指摘しました。



関連記事

  1. 「原発事故・総力戦で復興加速を」党合同会議

  2. 「記録的豪雪・新燃岳噴火」対策で政府、公明の提言を反映

  3. 鳩山首相が公明党を表敬訪問

  4. 公明党宮城県本部大会・青森県本部大会に出席

  5. 原発政策で党原発立地県連絡協議会が初会合

  6. 与党税制協議会が初会合