公明党福島県本部主催会津若松市「政経セミナー」に出席

2014_0413.jpg

4/13(日)、会津若松市で開かれた公明党福島県本部主催の政経セミナーに出席し、あいさつしました。

あいさつの冒頭、私は、いまだに26万人以上の方々が避難生活を送り、健康と心のケアの問題が出てきている被災地の現状を踏まえ「現実を直視し、すべての被災者が一日も早く当たり前の日常生活が送れるように、さらに復興を加速しなければならない」と述べるとともに、風評と風化の『2つの風』との闘いに、引き続き全力を挙げていく決意を述べました。

また、4月1日より引き上げとなった消費税率について、高齢化に伴い増え続ける費用を賄うとともに、社会保障を充実させる財源を確保するために税率引き上げであり、増収分は全額、社会保障の安定と充実のために使われることを改めて説明しました。
さらに、高齢者が住み慣れた地域で必要な医療や介護サービスを一体的に受けられる「地域包括ケアシステム」構築の必要性を指摘し、全国の地方議員と連携し、「地域の実情に合った仕組みをつくっていく」と訴えました。

最後に、公明党が11月に結党50周年を迎えることに触れ、「公明党は福祉を真正面に掲げてスタートした。これからも社会保障の安定と充実に党を挙げて取り組む」と主張しました。



関連記事

  1. 衆議院総選挙、公明党健闘

  2. 署名簿を添え「児童手当拡充」を厚労省に求める

  3. 道路特定財源の一般財源化についての党内議論及び与野党協議

  4. 「大地震への復興支援さらに」ネパール人協会が要請

  5. 桜島火山活動対策議会協議会からの要望

  6. 世田谷区の党地区委員会に出席