福島県田村市議選がスタート

2014_0413_1.jpg
4月13日(日)、告示となった福島県田村市議選(定数20)の応援に駆けつけ、初議席獲得へ必勝を期す新人の渡辺てるお候補への支援を訴えました。

福島第1原発事故後初めてで、都路地区東部に出ていた避難指示が4月1日に解除された直後の最重要な選挙であり、さらに公明党として、平成17年の田村市誕生以来、初の選挙となります。
街頭演説の中で私は、東日本大震災と福島第1原発事故で甚大な被害を受け、いまだに多くの課題が残されている田村市で、渡辺てるお候補が被災者の激励と救援、現地調査に全力で取り組み、復興の原動力になってきたことを説明。その上で「地域の一日も早い復興のために、断じて勝たせてほしい」と訴えました。

関連記事

  1. 「力強い農業再生に期待」JA全中と懇談

  2. 党福島県本部主催の政経セミナーに出席

  3. 新幹線整備促進について要望

  4. 「食料自給率50%に」農業政策を提言

  5. 村井宮城県知事の表敬を受ける

  6. 暮らし、福祉、教育を前へ ~新春街頭演説会に参加