「社労士の業務拡大を」全国社会保険労務士政治連盟から要請

_1 (1)

2月26日(水)、私が会長を務める公明党社会保険労務士議員懇話会は、全国社会保険労務士政治連盟(堀谷義明会長)から社労士の業務拡大について要請を受けました。

山口那津男代表、漆原良夫国会対策委員長らも出席し、冒頭、山口代表が「合意形成を可能な限り早く進めたい」と述べました。
同連盟は、裁判外紛争解決手続き(ADR)の代理業務ができる特定社労士について言及。現在、民間機関でのADRの場合、紛争の目的価額が60万円を超えると、弁護士と共同で代理人になる必要があるため、単独で代理できる価額の引き上げを求めました。
また、▽社労士業務に関する裁判所での出廷陳述権の付与▽1人で社労士法人を設立できる制度の創設―との要望もございました。
私は要請を受け「しっかりと取り組んでいく」と応じるとともに、意見交換をしました。



関連記事

  1. 景気と雇用対策を強化 ―政府・与党連絡会議―

  2. 公明党中央幹事会

  3. 復興総仕上げ 闘い抜く ~党宮城県本部・新春賀詞交歓会

  4. 党代議士会に出席

  5. 弁政連と「司法問題等意見交換会」に出席

  6. 日本商工会議所から要望