「公明が核廃絶進める」党合同会議に出席

2014_0127.jpg

1月27日(月)、参院議員会館で党核廃絶推進委員会(浜田昌良座長=参院議員)、外交・安全保障部会(上田勇部会長=衆院議員)、青年委員会(石川博崇委員長=参院議員)が開いた核兵器の廃絶に関する合同会議に出席し、挨拶をしました。

席上私、来年に予定される核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けた今年4月の準備会合や、これに先立ち同月に広島で開催される「軍縮・不拡散イニシアチブ」(NPDI)外相会合に言及し、「今年は核廃絶や核軍縮にとって非常に重要な年になる」と強調。「近年、核兵器が非人道的なものであるという国際世論が高まっている」と指摘した上で、核廃絶に向けた動きを公明党として力強く進めていく考えを示しました。

合同会議では、一橋大学大学院の秋山信将教授が「核廃絶と安全保障の両立について」をテーマに講演。秋山教授は核の廃絶に向けて「(核兵器の非人道性などを訴える)規範的なアプローチと安全保障のアプローチが車の両輪である」とし、日本の果たす役割の重要性を指摘しました。



関連記事

  1. 「円滑な価格転嫁実現を」税制改正で日商と意見交換

  2. 方面責任者会議の初会合を開催

  3. 中国・武大偉外交副部長と会談

  4. 政府与党協議会に出席

  5. 与党、国会招致を検討 ~自民・公明幹事長会談

  6. 党愛媛県本部主催の党員研修会に出席