環境フォーラム「みんなで再生! 松島湾」に出席

2014_0125.jpg

みんなで再生 松島湾
党宮城・塩釜総支部 環境フォーラム開催

1月25日(土)、宮城県松島町で行われた党塩釜総支部(根本朝栄総支部長=多賀城市議)主催の環境フォーラム「みんなで再生! 松島湾」に出席し、挨拶しました。これには、竹谷とし子参院議員が出席。周辺自治体の首長や観光協会会長、漁業協同組合関係者など多数の来賓が参加しました。

「日本三景」として名高い松島湾は、東日本大震災の津波により、特産のカキなどの海産物を育んできた海草・アマモの群生地が流出。海底にはヘドロが堆積し、湾内の水質悪化が懸念されています。

挨拶で私は、昨年、訪日外国人観光客が初めて1000万人を突破したことに触れた上で、「今後さらに観光客に来てもらうためにも、世界に誇る名勝であり、豊かな漁場でもある松島湾を皆の力で再生させていきたい」と訴えました。

フォーラムでは、広島県の広島湾の水質浄化に取り組んだ日比野忠史・広島大学大学院准教授が基調講演。その後のパネルディスカッションでは、パネリストとして竹谷さんが登壇し、日比野准教授と、松島湾アマモ場再生会議の伊藤栄明副会長と意見を交わしました。

竹谷さんは「松島湾を復興のシンボルにできるよう、公明党のチーム力を生かして漁業や観光の再生を全力で後押ししたい」と決意をのべました。



関連記事

  1. 豪雪被害で関係府省庁に要請

  2. 日本繊維産業連盟と意見交換

  3. 中国建国60周年記念祝賀会に出席

  4. 山形で政経パーティー開催

  5. 「健全で安定した関係へ」中日友好協会・唐家せん会長と懇談

  6. 岩手・北上市議選がスタート